「アルソック」タグアーカイブ

警備会社アルソックの携帯端末サービスで世界進出の妄想が膨らむ

面白いサービスを見つけた。
それは警備会社アルソックの「まもるっく」である。
まもるっくは携帯端末で、持ち主の居場所をGPSで把握し、何かあればすぐにアルソックと通話できる代物だ。
さらに転倒やライフリズムの異常を察知し、警備員を駆けつけさせることもできる。
少子高齢化による老人の増大、グローバリズムによる二極化と人の移動の増加、ストーカー殺人などの問題を抱える世の中では登場が必然であろうサービスだ。

徘徊老人、子供、若い女性がいる家庭ではぜひ導入して欲しい。

まもるっく

↑まずはこのリンクをクリックして無料パンフレットを請求してくれ。

・・・

さて、ここからが本題だ。
と言うよりも私の妄想に暫く付き合って欲しい(笑)
それは警備会社による世界進出である。
さきほどもグローバリズムによる二極化と人の移動の増加を挙げたが、これらにより犯罪の増加は必然であろう。
なので警備・犯罪の抑制のサービスのニーズはより高まるはずだ。

しかし、私としては世界の大金持ちを貧乏人から守るサービスというのは不毛に思える。
むしろその貧乏人を守ってやりたいのだ。
その場合、貧乏人は当然対価を支払えないのでどう資金を集めるか。
それは不動産である。
スラム街などの大都市の中にある安い不動産を購入し、そこを警備して治安を回復させ、利ざやや不労所得を得る、という筋書きだ。
単に犯罪者を力で追い出すだけでは印象が悪い。
なので教育、炊き出しなどの支援をして硬軟織り交ぜた対策を施そう。
そしてテクノロジーに投資し、警備ドローンやハイテク自動車を開発する。
そうすれば治安回復と不動産や特許によるマネタイズ、そして人材育成と一石三鳥ではないだろうか?
さらにその警備会社が国境を超えたコミュニティーになれば幸いである。

・・・というのが私が最近よくしている妄想だ(笑)
だが最近は英国のEU離脱という大事件が起こったが、それがなくても世界は騒がしい時代を迎えていることと思う。
国の意義が薄れ、企業が世界を支配するとも昔からよく言われているが、それだと企業に属していない人はどうなるのだろう?
そう考えて思うのは、私はどんなに小さくても良いから国境を超えたコミュニティーを作りたいということだ。
上で語ったような警備会社でなくて良い。
ゲームでも何でも良いから人種、国籍、職業が関係のないコミュニティーを作りたいものだ。
そして今作っているフリーゲームがその礎になったらいいなと考えている。

【イシゲーがチェックして欲しいリンク】

Unityで魔物使い♀ゲームを作る

タイトルを替えて頑張っています。

科学がさっぱりな人におすすめしたい科学本5選

noteに100円払うと読めます。

イシゲーの​ほしい物リスト

何か買ってくれたらTwitterで紹介します。

MAJSVB

私のメルカリの招待コードです。
メルカリに登録される際に入力するとポイントがもらえる宝くじが1枚もらえます。

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ネットで買い物をする時にこのサイトを経由すると換金できるポイントがもらえます。